月曜日, 10月 03, 2005

RE---

意地を張ってるとあなたは言ったけど、そうじゃないよね。どうしてもっとうまく行くような決断が出来なかったのか、自分が出した決断は間違っていないのか、そんなことは考えても分かるわけはなくて、ただただ涙が流れます。こんな風にしか出来なくて、こんな終わりは望んでなかったのに、ごめんね。
終わりなんて永遠に来ないと信じていた。心の中では終わらないから、やっぱりふたりは永遠なのかもしれない。そんなきれいごとを思ってみても、よこにあなたはいないのにね。
自分から離れたのに、こんなに苦しいのはどうしてだろう。もっともっとつらいのはあなただから、あきこはがんばらなきゃね。よこにいなくても、いつでも一緒だって言ってくれたあなたの笑顔だけを支えに、自分で決めた道を進みます。
もう泣かないって決めたのに、涙がとまらないよ。ここにはあなたとの生活の跡と、幸せな思い出がありすぎて、胸が締め付けられてどうしようもないよ。ウッディーとジェシカは手を繋いで幸せそうだけど、私はあなたの手を振りほどいて逃げました。ごめんね。ごめんね。

ありがとう。